生産性を向上させた企業は労働関係助成金が割増されます

背景・趣旨

我が国は、今後労働力人口の減少が見込まれる中で経済成長を図っていくためには、個々の労働者が生み出す付加価値(生産性)を高めていくことが不可欠です。このため、企業における生産性向上の取組みを支援するため、生産性を向上させた企業が労働関係助成金(一部)を利用する場合、その助成額又は助成率を割増します。

3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_m

生産性要件

○ 助成金を申請する事業所において、「生産性要件算定シート」[PDF: 154KB]を用いて計算された生産性の伸び率が「生産性要件」を満たしている場合、助成の割増を行います。
詳しくは、パンフレット[PDF: 786KB]をご確認下さい。

○ 生産性要件の設定を予定している助成金は次のとおりです。(具体的な助成額又は助成率は各助成金のパンフレット等をご覧下さい。)

・キャリアアップ助成金、受入れ人材育成支援奨励金、業務改善助成金  ※ 平成28年度第二次補正から実施予定。