【税制優遇】新たな機械装置の投資に係る固定資産税の特例で固定資産税の課税標準を半分になります!投資をお考え事業者様はお見逃しなく!!

■中小企業庁:商店街集客力向上支援事業

中小企業者が取得する新規の機械装置について、一定の要件を満たした場合、3年間、固定資産税を1/2に軽減します。

【支援対象】

1.中小企業者が経営力向上計画に基づき取得する新規の機械装置(新品)

2.生産性を高める機械装置が対象

※既存の設備投資減税(生産性向上設備投資減税)の支援要件(①160万以上、②生産性1%向上(10年以内に販売開始)、③最新モデル)のうち、①、②を満たした機械装置が対象です。中小企業への配慮から③は、要件から除外。

【特例】

固定資産税の課税標準を3年間1/2に軽減

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160610kyoka2.pdf#page=4←詳しくはこちら