パンダコラム|「事業のSWOT分析」について考える。

SWOT分析とは、現状分析のために使われる代表的なフレームワークのことである。これを活用できれば、今まで見落としていたビジネスチャンスを見つけることができるが、単なる強みと弱みの分析と誤解している人も少なくはない。そこでSWOT分析とは何か、その目的について考えてみた。

 

SWOT分析とは?

SWO分析とは、経営戦略や事業計画の現状分析などを行う際に用いるフレームワークの一つで、事業を外部・内部とプラス・マイナス要因という2軸で分けて自社の競争環境を分析する手法です。

数あるフレームワークの中でも、SWOT分析の優れている点は自社の特徴を洗い出すだけでなく、外部環境と比較しながら戦略上の機会や脅威まで一度にまとめて発見できるところです。

SWOT分析は以下4語の頭文字で構成されています。

・Strengths = 強み
・Weaknesses = 弱み
・Opportunities = 機会
・Threats = 脅威

強み・弱みは自社内部でコントロールが可能な要素であり、機会・脅威はコントロールが難しい外部の要素です。これら4カテゴリーに分かれたマトリックス図を使い、考えられるあらゆる要素を4つのどれかに分類していきます。

このカテゴリーを整理する中で、

・自社にとってのビジネスチャンス
・事業展開における課題

を見つけ出すのです。
事業環境の変化に速やかに対応し、最適な経営資源の活用を目指した経営戦略策定方法といえます。業務や企業の置かれている状況などが簡単に分類、分析できるため、新人研修をはじめとするさまざまな場面で活用されています。

SWOT分析の目的

SWOT分析の最大の目的は、自社内部の優位性と弱点を洗い出しつつ、外部環境のチャンスと脅威をあぶり出しながら競争戦略の策定に活用することです。
具体的に戦略策定に役立てると以下の戦略的優位性が得られるでしょう。

・経営資源を有効活用できる
・合理的な戦略策定ができる
・時間軸の評価ができる

現状を把握したうえで指針や施策を決定していくため、現状抱える問題点、現状を変える方法、将来にわたって起こる可能性のある状況など、個々の社員が持つ漠然とした問題を整理できることが、SWOT分析の最大の魅力です。

 

SWOT分析を行うことで、自社にとっての市場機会、事業課題、見落としていたビジネス機会などを発見できます。ただし、一回やったら終わりではなく、その時の環境に応じて繰り返し行うことが必要です。時間が経てば自社が置かれている環境は内外で必ず変化します。

分析には時間と労力がかかりますが、目標を持って分析することで効果的な戦略を練ることができるでしょう。

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F