企業の「BCP(事業継続計画)」について

自然災害だけでなく、火災やテロ、事件、そして最近では新型コロナウイルス感染症など、企業に対して脅威となるリスクは多様化している。このような事業を停止する可能性の高いリスクに対して立ち向かう施策がBCP(事業継続計画)である。

不測の事態が起こっても事業資産の損害を最小限に留めつつ、事業の継続、早期復旧を実現するためには、あらかじめ事業を継続するための対策を準備しておく必要がある。今回はBCPの概要・目的、BCPと防災計画の違い、メリット・デメリットなど、企業として知っておきたいBCPついて考えてみた。

BCP(事業継続計画)とは

BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)の頭文字を取った言葉です。
企業が自然災害、事件、テロ、システム障害や不祥事といった危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、事業資産への被害を最小限に食い止め、いち早く事業全体を復旧させ、生き延びることができるようにしておくための戦略を記述した計画書です。
企業のリスク管理のひとつとして注目を集めています。

BCPを推進する理由・背景

日本は、地震や台風など、自然災害の発生頻度が非常に多いことに加え、自然災害の脅威以外にもテロ事件など人的な脅威も看過できない状況にあります。
このような緊急事態に対応できない企業は、事業の縮小を余儀なくされるだけでなく、倒産といった最悪の事態を招きかねません。
特に中小企業の経営はもろく、ちょっとした緊急事態でも廃業のリスクが高まります。
BCPはリスクに備えて事業の継続のみならず顧客や市場から信頼される企業体制を構築していくことを目的として、中小企業庁が推進を始めました。

BCPの目的

BCPの目的は、自然災害や事件、テロといった緊急事態が生じた際、企業活動への被害を最小限に抑え、可能な限りスピーディに事業の再開を目指すことです。
平常時からBCPの重要性を認識して対策を講じておけば、いつどんな緊急事態が起きたとしても事前の準備に従ってスムーズに対応できます。
BCPは現代社会における企業のリスク管理分野で欠かせない視点だといえるでしょう。

BCPと防災計画との違い

BCPと類似した言葉に、防災計画があります。
防災計画とは、災害などが原因となる被害を可能な限り防ぎ、いち早く復旧を目指すための計画です。
一方、BCPは災害などで実際に被害が生じた後、企業活動の継続や早急な復旧を目的としています。
防災計画が、災害を未然に防ぐことを主眼にしているのに対し、BCPは災害などが起こってしまった後のスムーズな対応を目指すといった違いがあるのです。
どちらの視点も、企業のリスク管理には重要でしょう。

BCPのメリット

社員の生命や会社の資産を守ることはもちろんのこと、優先すべき業務を絞り込んだり、経営資源の弱点を抽出したりすることで、事業の見直しを行うことができます。
また下記のような効用もあります。

■取引先や市場からの信頼性向上
■企業イメージの向上
■企業の社会的責任への貢献
■雇用の確保

BCPのデメリット

BCPを策定するメリットだけを見ると、策定しない理由がないようにも見えますが、しいて言えば以下のようなデメリットも存在します。

■担当者の人件費やコンサルティング費用などの策定コストがかかる
■リスク分散にコストがかかることがある
■BCPが機能しないことがある
■策定したBCPが自社に合わず実効性の低いBCPになる可能性もある

BCP対策は企業が行うべき重要な対策です。
2011年に起こった東日本大震災以降、重要性を感じる企業が増えています。さらに現在は、企業の信用性を高めるためにBCP対策を行うケースもあります。
いざという時に事業を継続させるための手段をあらかじめ用意して不測の事態に対応できるよう、組織を整えておくことが大切です。

<広告>

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームがコラムにしています。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F