パンダコラム|「会社や事業のM&A」について考える。

M&Aによる会社(事業)売却は、中小企業の存続・発展と生産性の向上を実現する有力な手法である。「身売り」「ハゲタカ」などといったネガティブなイメージがついていた時代もあったが、目的にかなったM&Aは売手側・買手側の双方にとってメリットをもたらす。
幅広い業種において経営課題を抱える企業が多いということもあり、今後もM&Aの数は増加していくと思われる。
今回はM&Aについて、その主な手法や目的、メリット・デメリットについて考えてみた。

 

M&Aとは?

Mergers(合併)and Acquisitions(買収)の略称で、直訳すると「企業の合併と買収」となりますが、株式譲渡や事業譲渡、会社分割、株式交換等といった様々な手法に対して「M&A」という言葉が使われていて、広義の「企業提携」を総称しています。

近年では事業の拡大・継続のための経営戦略の一つとして認識されてきており、M&Aによる会社売却、買収を選択する経営者は着実に増えてきています。

M&Aの主な手法

■株式譲渡
株式譲渡とは、株式を売却することによって株主の地位を譲ることです。会社の株主が変わるだけで売却される会社自体はそのまま存続します。売却側企業の取引契約や許認可もそのまま譲渡するので、M&A後も経営に影響を与えにくいのがメリットと言えます。手続きが比較的簡単なこともあり、よく用いられるポピュラーな方法です。

■事業譲渡
事業譲渡とは、会社の事業を譲ることです。株式譲渡と違い、譲渡する範囲を決めることができます。つまり、一部門だけの売却や、すべての事業を売却することもどちらも可能です。株式譲渡に比べて手続きがやや煩雑ですが、買い手にとっては必要な事業だけを手に入れられ、売り手にとっては手放したい事業だけを売ることができるのがメリットです。中小企業のM&Aでは株式譲渡以外はほとんどが事業譲渡となっています。

会社を売却または買収する目的

M&Aの成功には、戦略の構築が重要です。会社を売却する目的、会社を買収する目的を明確にし、その目的に合った戦略の実施が、M&Aの成功率を高めます。
では、どういった目的でM&Aは行われるのでしょうか。

【売却する主な目的】
・後継者が見つからず、事業承継のため
・新規事業の資金調達のため
・本業を強化するため、非主流事業を売却
・業績不振により会社経営が困難になったため

【買収する主な目的】
・商品、サービスの拡充
・新規事業の獲得
・規模のメリット追求
・周辺分野への進出
・財務力強化
・人材やノウハウの獲得

M&Aのメリット・デメリット

売手企業、買手企業それぞれにメリット、デメリットは存在します。M&Aではデメリットを最小化して最終的に売手と買手の双方がメリットを最大限に得られることが重要です。

【メリット】
■売手企業側
・後継者問題の解決
・従業員の雇用の確保
・スポンサー確保による信用補完
・廃業コストがかからない
・創業者利益

■買手企業側
・規模の拡大
・コア事業の強化、弱みの補完
・迅速に新規事業へ進出
・スケールメリットによるコスト削減
・技術、ノウハウ、人材の獲得

 

【デメリット】
■売手企業側
・買手企業との企業文化融合が上手くいかない
・買手企業がみつからない
・従業員の雇用、労働条件の変更、離職
・取引先の反発

■買手企業側
・売り手企業との企業文化融合が上手くいかない
・想定していたシナジーが生まれない
・優秀な人材の流出
・想定外の債務、支出の可能性

上記のように、売手企業にとっては後継者問題や従業員雇用確保問題の解決、買手企業には事業拡大のための時間や労力の大幅削減など大きなメリットもありますが、相応のデメリットも存在します。

中小企業のM&Aは、事業承継問題の解決や事業の安定を図りたい売手企業と、さらなる成長を求める買手企業がお互いにメリットを感じながら成立させることが可能です。
M&Aのメリット・デメリット双方を考慮しつつ、企業が生き残っていくための経営戦略の一つとしてM&Aを考えてみてはいかがでしょうか。

 

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F