パンダコラム|社員の「スキルアップ」について考える。

会社やビジネスなど多くの場所で使用される「スキルアップ」という言葉。特に経営や人事の場面での生産性やモチベーションのアップなど重要な意味を持つ「スキルアップ」について考えてみた。

社員のスキルアップとは?

スキルは、能力や技能という意味で使われます。これらを高める事をスキルアップ(Skill Up)といいます。仕事におけるスキルとは、その仕事に対する技能や処理する能力などを指します。また、コミュニケーションやビジネスマナーといった、仕事を進めるうえで必要な技能や能力などを、ビジネススキルと呼ぶ事もあります。スキルは訓練や教育により、獲得ができる能力として使われています。スキルを上げる、磨く、高める、といった言葉が「スキルアップ」と同じの意味の使われ方をしています。

会社のスキルアップとは?

企業力=社員の総力ともいえます。社員のスキルアップは企業力のアップに直結するため、社員研修の実施は会社の重要なイベントです。研修は業務外で行う研修(Off-JT)と、業務内で行う方法(OJT)があり到達目的と効果によって使い分けされます。

社外の研修機関等を利用する場合、自社に適した研修機関を選択するための情報収集や打合せなどが大切になります。社内で研修を行う場合は、自社のノウハウや技術を習得する事ができ、技能継承する手段としても有効です。社内で講師を選任する場合、教え方・研修内容作成に対するスキルも必要になります。

スキルアップの見える化

会社の研修と併せて、資格取得も目標が明確になり、勉強を通してスキルの獲得を実感できる事やスキルが証明しやすかったりします。社員が自主的に行うスキルアップに対し、必要な費用の補助や資格手当の制度、給与、能力給、への反映、人事評価制度との連携など、スキルアップを支援する環境作りも会社にとって重要な課題といえます。

会社のスキルアップ=社員のスキルアップ

<広告>

Quarter Challengeとは?

働く上で社員1人1人が四半期で挑戦する目標を決定し、応援する事で「自発的に生産性を上げる仕組みづくり」と「目標達成を全員が楽しく目指す風土づくり」を考えて開発された人事評価制度です。

[略称:QC制度

OKR導入をご検討下さい!

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F