パンダコラム|「企業の健康経営」について考える。

人生100年時代とも言われる昨今だが、働き方改革にともなって、自分の健康に気遣う風潮が高まっている。
従業員の健康管理は今や企業にとって重要な課題。ブラック企業や労働者のメンタルヘルスが大きな社会問題となっている中で注目されているのが「健康経営」という考え方であり取り組みである。
健康経営とはなにか、また健康経営に取り組むことで企業が得られるメリットはなにか、企業が取り組む際のポイントについて考えてみた。

健康経営とは?

「健康経営」とは従業員の健康に配慮した安全な職場環境を整えることで、従業員一人一人の業務効率を高め、企業全体の労働生産性を上げる経営戦略のことです。
その根本的な考え方は「企業は人を中心として成り立っており、人を資本として考えるマネジメントこそが適切な成果を生み出す」、ゆえに企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できるといわれます。
健康経営を実践するためには、会社が社員の健康管理を「コスト」ではなく、「投資」と捉えることが重要です。

健康経営において企業が得られるメリット

健康経営には以下のようなメリットがあります。

1.体調不良による欠勤・休職・離職のリスクが減る
2.労働意欲が高まり労働生産性が向上する
3.従業員の健康増進による医療費などの経費削減により収益が向上する
4.労働環境整備による企業イメージが向上する
5.優秀な人材採用が促進し、採用力が強化する
6.労働災害による企業イメージ低下へのリスクマネジメント

これらはほんの一例ですが、今後健康経営が大企業だけでなく中小企業にまで浸透することでより多くのメリットが生まれ、社会全体の労働生産性向上につながると期待されています。

企業における健康経営の取り組みのポイント

健康経営による成果を最大化するには、自社の問題を明確にする必要があります。
健康経営に取り組む際のポイントを以下にまとめました。

(1)経営トップが主導する
(2)社員の能力を最大化する職場環境づくり
(3)長期的な視点を持ち、継続して取り組む

健康経営は経営トップや上層部が主導して取り組むことが最大のポイントです。そうすることで「従業員の健康の向上」と「利益の拡大」が両立されます。また社員の能力が最大限に引き出せるような働く環境づくりも重要なポイントとなってきます。

 

従業員の健康増進、病気の予防が企業の経営にも大きな成果をもたらすという「健康経営」の考え方が広まっています。
「健康経営」の考え方は、ワークライフバランスをはじめとした「働き方改革」が叫ばれる現代で、時代に合った考え方といえるでしょう。
健康経営と福利厚生は密接な関係にあります。福利厚生制度を上手に活用し、健康経営の取り組みをぜひ始めてみましょう。

※「健康経営」は特定非営利法人健康経営研究会の登録商標です。

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F