パンダコラム|中小企業の「IT導入補助金」について考える。

昨年、経済産業省は、経済産業省は2018年春をメドに、中小企業のIT(情報技術)を活用した生産性向上策として、13万5千社の利用を想定し、17年度補正予算で「IT補助金」向けに500億円を計上すると発表した。POS(販売時点情報管理)システムの導入や書類の電子化などを進め、企業の収益性を高めるよう促すようだ。今回は、まもなく募集が開始される、「IT導入補助金」について考えてみた。

IT導入補助金とは?

サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)は、2017年にはじめて実施され、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする補助金で昨年も同時期に募集が行われました。

なぜIT化が必要か?

国がここまでIT導入に予算を投入するには、国が抱える労働人口減少や中小企業や小規模事業者が抱える採用の課題など、業務効率化や生産性を上げる施策が急務と考えているからです。極端な例として、半分の社員数で今と同じ売り上げを出すための、ツールを整備していくようなものです。しかし、中小企業のIT化と言ってもホームページ制作までの企業も多く、IT導入を広めるため国が動いてます。

IT導入補助金のポイント

複数の分野でのIT導入が必要

ITの導入であればなんでも対象になるというわけではありませんのでご注意ください。「ビジネスプロセスを抜本的に効率化すべく、単体機能での IT ツール(ソフトウエア、サービス等)の導入支援ではなく、複数の機能をパッケージ化したサービスの導入支援を行うことで、生産性の向上効果を最大限引き出す」とあり、例えば、ホームページを作りたいといった単体のIT導入は対象にならないということになります。顧客管理と在庫管理を導入する、といった複数の機能を導入することが要件として明記されています。

IT導入支援事業者からの導入

補助金にあてはまるITとは、「パッケージ化したサービス」であることが必要で、自社用にオリジナルのものを開発してもらうのは補助金の対象になりません。予め、IT導入支援事業者(以下ITベンダと略)が登録した「パッケージ化したサービス」の中から選んで導入することになります。

生産性向上計画を策定

さらに導入することで、企業の生産性が向上する必要があります、そのために生産性の数値目標を立てた計画を作ります。例えば3年後であれば、1%生産性が向上する必要があります。生産性とは、粗利を労働時間で割り算したものです。

今年度のスケジュール

T導入支援事業者の登録申請

IT導入支援事業者登録申請受付:2018年3月28日(水)開始予定

採択公表は随時行います詳細は後日発表します

ITツール(ソフトウエア、サービス等)登録申請

募集期間:後日発表

交付申請・実績報告

交付申請期間:後日発表

採択予定日:後日発表

事業実施期間:後日発表

実績報告期間:後日発表

ぜひ有効活用してください!

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F