パンダコラム|「社風」の合う合わないについて考える。

企業のホームページや求人などでよく見かける「社風」という言葉。ニュアンスは何となく分かるが、正確な意味となると説明が難しい。「社風」とは一体何を指すのか考えてみた。

社風とは?

一言で会社や社内の「雰囲気」という意味があらわすものが「社風」です。会社にはいろんな人が集まります。そのため、社内の「雰囲気」が社員の行動や価値観に現れ、対外的な会社のイメージや業績にもつながります。例えば「意見を言いやすい雰囲気」もあれば「意見を述べることがためらわれる雰囲気」もあります。またこれらは、間接的に社員の行動や成果にも影響するでしょう。

社風は、入社しないと分からない部分もありますが、調べる方法があることも事実です。例えば、会社のSNSや説明会、ホームページなどです。実際の会社を見たり社員の話を聞いたりすることで、社風を感じ取ることができるでしょう。社風が自分に合うか合わないかで、働きやすさは変わりますので、会社を選ぶ際のポイントになります。

社風が良い企業とは?

社風の「良し悪し」は、働く社員が決めます。社風の「良し悪し」の基準は、人それぞれで、ミッションやビジョンを共感したり、会社や経営者に対する信用や安心を感じたりすると「良い社風」ととらえやすくなります。反対に、方針や雰囲気に反発したり批判したりという気持ちが芽生えると「悪い社風」と感じるでしょう。これらのことから、社風の「良し悪し」は社員それぞれの捉え方しだいといえます。求める人材の行動や思考が「自社の社風と合うか合わないか」を採用前に判断できる場を持つことも大切です。

「社風と合わない社員」についての対処

ここでは、想定される2つ場面から「社風と合わない」社員への判断や対処法を考えていきます。
まず、1つ目は採用時の判断方法です。候補者の回答から読み取る、場を設けそこでの行動から判断して採用を控えるなどの手法があります。

直接的:職場の状況や課題をそのまま面接で質問して判断する

直接的:選考にグループディスカッションをいれて社風に合う人物か判断する

間接的:適性検査など導入して、モデルとなる既存社員のデータと比較して判断する

2つ目は、入社後に「社風と合わない」と考える社員がいた場合の対処方法です。まず、社員が何を感じて「社風と合わない」と判断したのか知ることです。それにより対応が変わるからです。

  • 形式的な場を設ける
  • 共感を多くする

まず話を聞く場合、きちんとした場を設けることも大切です。なぜなら改まったりいつもと異なる場だったりするからこそ、言いやすくなることもあるからです。そのためにも、仕事中だけでなく可能なら別で場を設けて聞いてみましょう。

<広告>

「社風」に問題がある場合

社風そのものに問題がある場合もあります。例えば、特定の業務や上司と接した人材が「合わない」と発言したり退職を繰り返す場合です。この場合、その状況に問題がある可能性が高いので、社内で見直しが必要かもしれません。とくに業務に対しては、社内でやる人がいないと会社自体が回らなくなり、業績にも影響を及ぼす事態まで発展することもあります。上司となる社員の人間性や常識性なども会社は把握しておく必要があります。

ぜひ社風の良い会社づくりを!

<広告>

Quarter Challengeとは?

働く上で社員1人1人が四半期で挑戦する目標を決定し、応援する事で「自発的に生産性を上げる仕組みづくり」と「目標達成を全員が楽しく目指す風土づくり」を考えて開発された人事評価制度です。

[略称:QC制度

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F