パンダコラム|「利益率改善」と「労働生産性」について。

利益率の改善を課題にしている会社は多い。コストと収益のバランスは各社違う。利益が上がらない時、まずどちらに問題があるか探る。内側(管理・運営)と外側(商品・販売・フォロー・外注)を見て、効果が出やすい部分を改善する。その中で、今回は「労働生産性」について考えてみる。

労働生産性とは?

業種によって、バランスシートは大きく変わる。「労働生産性」を考える時は、社員1人あたりが1時間働いて生み出す価値(粗利益)と考えるとわかりやすい。

労働生産性の計算式・計算方法

労働生産性は、以下の計算式で求めることができます。

労働生産性(円/人)=(年間粗利益)÷平均人数

労働生産性(円/人)=(月間粗利益)÷平均人数

労働生産性(円/人)=(1日粗利益)÷平均人数

労働生産性(円/人)=(1H粗利益)÷平均人数

労働生産性は社員の給与額に大きく影響する

ちなみに私たちが年収の適正を判断する時に使う式はこちら

労働生産性 × 50%=平均年収 ⇔ 同業の年収と比較

労働生産性を上げるには?

労働生産性の向上を考えた場合、売上げを増やすだけではなく、客単価の上昇による原価率を引き下げなども必要です。また、労働人口減少の中、人件費を削ることは難しくもあるため、いかに人件費に見合う、コアな仕事にしていくかを考えることも大切です。

責任者は次の事で生産性向上を考える

生産性(社員給与=コアな仕事)を重視する

効率化による生産性向上を考える

モチベーション向上による生産性向上を考える

コアな業務に集中して

利益がよくなるのが理想的です!

<広告>

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F