パンダコラム|「リクルーター制度」について考える。

採用活動の補助として、学生や採用対象者との面談を若手社員に採用活動をサポートしてもらう「リクルーター制度」は、さまざまな企業の新卒採用に取り入れられている。今回は、リクルーター制度を取り入れる時におさえておきたいポイントについて考えてみた。

リクルーターとは?

リクルーターとは、採用活動を行う担当者を指しています。最近では、新卒採用であれば、年齢が近い若手社員がリクルーター担当することが多く、卒業した大学から応募をしてきた学生に面談したり、応募を促す活動も行ったりと採用まで関わります。また、選考自体を行うケースもありの定期的な面談を通して採用活動を進めていくのがリクルーターの仕事です。これまで大手企業で積極的に取り入れられてきたリクルーター制度ですが、企業側に大きなメリットがあるとして、企業規模問わず注目を集めている人事制度の1つです。

リクルーター制度について

リクルーター制度の導入には、まずリクルーターとなって活動できる若手社員が必要です。例えばリクルーターは、出身大学の学生の面談等も担当するため、採用したい大学卒の若手社員が望ましいとされています。人事部に限らずの他部署からも、リクルーターを募るか依頼するかして、ある程度の人数を確保します。

就活生の企業イメージはの代表・リクルーターになるため、リクルーター制度を導入する際は、リクルーターの選考基準もしっかり決めておかなければなりません。リクルーター制度の導入は企業にとって大きなメリットとなりますが、導入前の準備をしっかりしておくことがポイントとなります。

リクルーターのミッションについて

各社リクルーターの導入目的は異なるかもしれませんが、主におさえておきたいミッションがあります。

・応募者(就活生等) がどんな人物なのかを事前に知る
リクルーターとの面談を通して、通常の面接とは異なり「その人らしさ」を出してもらい、「どんな人物なのか」を事前に知る目的があります。

・伝わりづらい会社の情報を知ってもらい、応募や入社を決めてもらう
求職者や就活生が応募を判断する情報以外に、実際、応募に働くイメージをもてているかどうかを推し量るのは難しいところです。リクルーターから自社の実態や経験を伝えてもらうことで、会社のことをより深く理解してもらったうえで入社してもらう目的もリクルーター制度にはあります。

・最近の就活動向を知る
求職者や学生から直接就活についての情報を聞くことで、採用活動の内容を見直し、より優秀な人材に集まってもらう対策を講じることができます。最近の就活動向を探るということもリクルーター制度には大切な目的です。

 

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F