パンダコラム|「サステナビリティ経営」について考える。

経営戦略や方針を考える上で聞くようになった「サステナビリティ」という言葉。もともと環境問題などで使われている言葉。サステナビリティは「持続可能な」という意味で、現在から将来にかけて、この社会と地球環境を保持し続ける取り組みなどで使われている。今回は、企業においての、健全経営の形として認知されつつあるサステナビリティ経営について考えてみた。

企業におけるサステナビリティとは?

企業におけるサステナビリティを考えると、社会的責任(CSR)と関係しています。企業におけるサステナビリティには、3つの要素が含まれてます。まず、1つ目は、財務面で企業は将来も顧客に商品やサービスを安定的に提供し続けられることを指します。2つ目は、社会的な要素で、社員に対する取り組みや社会貢献などが含まれます。3つ目は、環境面で生産活動において環境保護や環境に適合した取り組みをしていることを指します。

これらのサステナビリティの3つの要素を実行することで、結果として社会的責任が果たされることとなります。

サステナビリティ経営とは?

サステナビリティは、企業経営でも注目されています。これまで、売上や利益に注目が集まりがちでしたが、そういう事業の結果だけでなく、長期に渡ってその企業、その事業が存続していくための方針方策、その結果として社会的貢献につながる経営戦略が企業活動のさまざまな場面で求められるようになりました。

例えば直接的に関係がなさそうですが、「採用」もそうです。同業他社やさまざまな会社と比べられる中、新卒であれば初任給もあまり変わりません。そこで自社におけるサステナビリティは、社会における会社の役割や存在価値を明確に発信することにもなり、応募の意思決定につながります。

将来的に社会貢献が顧客満足や社員満足の発展につながります。このように、顧客、社員に長期に渡って企業の価値を提供し続け、社会的責任が果たせることが企業として持続や成長していることになります。

ぜひサステナビリティな経営戦略を!

パンダコラム

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームが毎週コラムにします。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F