【大分県】若年技能者育成企業支援事業費補助金|1社あたり50万円補助されます!

■大分県:若年技能者育成企業支援事業費補助金

従業員の技能検定受検に要する経費の一部を大分県が補助されます。

1 事業の概要

少子高齢化が進み、本格的な人口減少社会を迎える中、本県においても深刻化する人材不足により多くのものづくり企業で若年者の就業者数が減少し、担い手の確保が困難になっています。

本県経済の成長を支える重要な存在である中小企業の持続的な発展のためには、若年従事者の育成による生産性向上と技能・技術の継承を図っていくことが極めて重要です。

このため、技能検定制度を活用して若年技能者の育成を行うことにより、生産性向上に取り組む県内中小企業に対し、技能検定の受検に要する経費の一部を補助し、未来のものづくり人材の確保・育成及び技能者の地位向上・処遇改善を促進することを目的としています。

2 対象となる事業者

・大分県内の中小企業者 (※大分県中小企業活性化条例第2条第1項に定めるもの)

・事業実施年度の4月1日時点で原則満40歳未満の常勤の従業員に対し、当該年度の技能検定試験の受検に要する経費の一部又は全部を負担する事業者

・技能士資格について月額1,000円以上の資格手当制度を設けている又は新設することを予定している事業者

3 対象となる経費

職業能力開発促進法に基づき実施される技能検定の受検に要する経費のうち、

(1)受検手数料(実技試験・学科試験)

(2)講座受講料(技能検定対策講座)

(3)教材費(受検予定の職種に関連する教材)

(4)材料費(原則として、実技試験課題で定められている材料)

(5)その他(機器使用料、会場使用料、運搬費等)

※試験会場や講習会場までの旅費や宿泊費等は含みません。

4 補助内容

●補助率:上記対象経費の2分の1

●補助限度額:

 ・1人あたり5万円

 ・1企業あたり50万円(10名分)

●国・市町村等から同様の趣旨の補助金等の交付や割引を受けている場合は、その充当額や割引額を対象経費から差し引きます。

●募集は先着順とし、予算額に達し次第、受付を終了します。

補助金の交付申請を希望される企業は、事前に雇用労働政策課 職業能力開発班(097-506-3330)あてお問い合わせください。

5 手続きの流れ・申請方法について

<1> 交付申請時に提出が必要な書類

(1)補助金交付申請書(第1号様式)

(2)事業計画書(第2号様式)

※資格手当制度をすでに定めている場合は、制度内容が確認できる書類を添付(就業規則など)

(3)収支予算書(第3号様式)

(4)誓約書(第4号様式)

(5)受検者の常勤性が確認できる書類

●令和元年度 交付申請書類提出締め切り: 令和元年10月18日(金)必着

●提出先: 商工観光労働部 雇用労働政策課 職業能力開発班

〒870-88501 大分市大手町3丁目1番1号 (大分県庁舎本館7階)

詳しくはこちら

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F

まだ会員ではない方はこちらから

※助成金・補助金を計画的に受給いただくためのサポートをおこなっております。

受給コンサルティング 月額9,800円[税別] ですべてご利用できます!

1.助成金・補助金の受給診断 (無制限)
2.助成金・補助金に関する受給提案 (毎月)・情報配信 (毎週)
3.人材開発支援・キャリアアップ助成金の自社申請サポート
4.会員専用ページによる進捗共有と計画受給の実現
5.助成金専門の社会保険労務士を会員特別価格でご紹介 ※着手時5万円+成功報酬15%
6.コンサル会員様限定の「会員特典」の利用

「お申し込み」「受給に関する事前相談」ご希望の方はこちら!

事業者様名 (必須)

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 受給コンサルティングを申し込む

 無料相談を申し込む

ご相談・ご質問があれば入力してください