【全国】障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)。社員数50名以上の事業者様向け。最大120万円!

■厚生労働省:障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)

障害者雇用の経験のない中小企業(障害者の雇用義務制度の対象となる労働者数50~300人の中小企業)が障害者を初めて雇用し、当該雇入れによって法定雇用率を達成する場合に助成するものであり、中小企業における障害者雇用の促進を図ることを目的としています。本奨励金は、下記の「対象となる事業主」に該当する事業主が、次の1の対象労働者を2の条件により雇い 入れて、3の要件を満たした場合に受給することができます。

1 対象労働者

(1)次の①~③のいずれかである障害者 ① 身体障害者 ② 知的障害者(療育手帳の交付を受けている者または児童相談所等による判定を受けている者に限り ます。) ③ 精神障害者(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者に限ります。)

(2)雇入れ日現在において満65歳未満である者

2 雇入れ条件

(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること

(2)雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められるこ と


【受給要件】

(1)支給申請時点で、雇用する常用労働者数が50人~300人の事業主であること。

(2)初めて身体障害者、知的障害者及び精神障害者(以下「対象労働者」といいます。)を雇い入れ、1人目の対象労働者を雇い入れた日の翌日から起算して3か月後の日までの間に、雇い入れた対象労働者の数(※)が障害者雇用促進法第43条第1項に規定する法定雇用障害者数以上となって、法定雇用率を達成すること。

(3)1人目の支給対象者の雇入れの日の前日までの過去3年間に、対象労働者について雇用実績がない事業主であること。

※ 短時間労働者(週の所定労働時間が20時間以上30時間未満の者を言います。)として雇い入れる場合は2人(重度身体障害者又は重度知的障害者を短時間労働者として雇い入れる場合は1人)で1人分としてカウントされます。

障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金) ←詳細はコチラ