【全国】短時間労働者に対する厚生年金保険等の適用が拡大されます。助成金の受給も合わせて準備を進めませんか?

短時間労働者に対する厚生年金保険等の適用が拡大されています

平成 28 年 10 月から厚生年金保険・健康保険の適用対象者が拡大となり、週 20 時間以上働く短時間労働者※1で、厚生年金保険の被保険者数が常時 501 人以上の 法人・個人・地方公共団体に属する適用事業所および国に属する全ての適用事業所 で働く方も厚生年金保険等の適用対象となっています。

【平成 28 年 10 月からの適用対象者】 勤務時間・勤務日数が、常時雇用者の4分の3未満で、以下の①~⑤全ての要件に該当する方

① 週の所定労働時間が 20 時間以上あること

② 雇用期間が 1 年以上見込まれること

③ 賃金の月額が 8.8 万円以上であること

④ 学生でないこと

⑤ 被保険者数が常時 501 人以上の企業に勤めていること

この度、「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改 正する法律」が公布となり、平成 29 年 4 月1日からは常時 500 人以下の企業等 にも適用拡大され、下記ア、イの事業所に勤務する短時間労働者も、新たに厚生年 金保険等の適用対象となります。

短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大の概要

各種届出様式

正社員等の「一般」労働者はこちらの届出様式をご使用ください。

正社員等の「一般」労働者はこちらの届出様式をご使用ください。


特定適用事業所不該当同意書は、特定適用事業所不該当届に添付してご提出ください。単票用もしくは連名用のいずれか一方の添付で構いません。
なお、単票用をご使用いただく場合は、被保険者1名ごとに「被保険者用」を添付いただく必要がございますのでご注意ください。

『キャリアアップ助成金』も活用しましょう!

①有期→多様な正社員(勤務地・職務限定、短時間正社員) :1人当たり40万円(30万円)

②賃⾦規定等改定 ・全ての賃⾦規定等を2%以上増額改定: 対象労働者数が、 1〜3⼈:10万円(7.5万円) 4〜6⼈:20万円(15万円) 7〜10人:30万円(20万円)11〜100人:3万円(2万円)×人数 ・雇⽤形態別、職種別等の賃⾦規定等を2%以上増額改定: 対象労働者数が、 1〜3⼈:5万円(3.5万円) 4〜6⼈:10万円(7.5万円) 7〜10人:15万円(10万円)11〜100人:1.5万円(1万円)×人数

※中小企業において3%以上増額した場合、 ・全ての賃⾦規定等改定:1⼈当たり14,250円<18,000円>加算 ・雇⽤形態別、職種別等の賃⾦規定等改定:1⼈当たり7,600円<9,600円>加算 <>は生産性の向上が認められる場合の額 ※「職務評価」の手法の活用により実施した場合、1事業所当たり20万円(15万円)加算

③共通処遇推進制度 ・法定外の健康診断制度を新たに規定し4⼈以上実施:1事業所当たり40万円(30万円) ・共通の賃⾦規定等の導⼊・適⽤:1事業所当たり60万円(45万円)

④短時間労働者の労働時間延⻑ ・短時間労働者の週所定労働時間を5時間以上延⻑し、新たに社会保険に適⽤した場合: 1人当たり20万円(15万円)

・上記「②賃⾦規定等改定」と併せて労働者の⼿取り収⼊が減少しないように週所定労働 時間を延⻑し、新たに社会保険に適⽤した場合: 1時間以上2時間未満:4万円(3万円) 2時間以上3時間未満:8万円(6万円) 3時間以上4時間未満:12万円(9万円) 4時間以上5時間未満:16万円(12万円)

 

 

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F