【全国】内閣府|省エネルギー技術開発制度の成果の把握及び分析等公募スタートしました。

■NEDO:省エネルギー部

【省エネルギー技術開発制度の成果の把握及び分析等に関する公募】


本分析は、技術開発終了後のテーマにおける成果の活用状況等をテーマ実施者に対するアンケート 調査、ヒアリング等による情報収集により把握するとともに、その結果を分析することで、省エネル ギー技術の開発にどのような貢献を果たしてきたのかを明らかにする。また、ヒアリング等により、 制度の改善等に向けた意見等の掘り起こしを行い、今後の制度運営に活用する。


【内容】:

1.成果等に関する分析 制度応募時の状況、現時点での省エネルギー効果量および今後見込まれる省エネルギー効果量、 省エネルギー効果実現に向けた課題等についてアンケート等による情報収集を行うことにより、「エ ネルギー使用合理化技術戦略的開発」等の各制度におけるテーマの成果・効果を明らかにする。 アンケート対象は「エネルギー使用合理化技術戦略的開発(平成 15 年度~22 年度)」のうち、平 成 22 年度以降に終了したテーマ、「省エネルギー革新技術開発事業(平成 21 年度~25 年度)」にお いて実施した技術開発テーマ及び「戦略的省エネルギー技術革新プログラム(平成 24 年度~33 年 度)」のうち平成 27 年度までに終了したテーマを対象とする。 今回の調査では、平成 22 年度から平成 27 年度に事業が完了したテーマの実施者を対象にアンケ ートを行う計画であり、「省エネルギー革新技術開発事業」の全実施者がアンケートの対象になる最 終回にあたる。 このため、当該事業を総括する観点から、アンケート結果等に基づき当該事業実施者の状況(事業 化を含めた進捗現状、省エネ効果見込量、売上見込額等)を併せてとりまとめる。 また、順調に実用化がなされた事例、今後実用化が期待される事例等について実施者へのヒアリ ングを通じたケーススタディを実施し、要因などについて分析するとともに、制度のマネジメント で改善できる可能性についても検討する。 なお、成果については、「実用化状況、NEDO事業終了後の事業者主体の技術開発の継続状況」 や他の技術・製品への応用、波及の状況等、多面的に把握する。

2.事後評価実施時点の省エネ効果見込量と現時点の省エネ効果見込量の比較・分析 事後評価時の省エネ効果見込量と現時点の省エネ効果見込量をアンケート調査から比較・分析す るとともに、ベストシナリオからの差異の要因等について、特徴的な事例を抽出しヒアリング調査 を実施する。これらを通じて、実施事業者が試算した省エネ効果見込量の積算値のみならず、蓋然性 の高い省エネ効果想定値を集計(シミュレーション)する。


【応募資格】:

次の a.から c.までの全ての条件を満たすことのできる、単独ないし複数で受託を希望する企業 等とします。

a. 当該技術又は関連技術についての調査/事業実績を有し、かつ、調査/事業目標の達成及 び調査/事業計画の遂行に必要な組織、人員を有していること。

b. 当該委託業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分 な管理能力を有していること。

c. NEDO が調査/事業を推進するうえで必要とする措置を、適切に遂行できる体制を有してい ること。


【調査機関】
NEDOが指定する日(平成 28 年度)から平成 29 年 6 月 30 日(金)まで(複数年度契約)

 


【予算額】
19百万円以内