【全国】平成30年度|生産性向上支援訓練を実施する事業主団体募集について

■独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構:生産性向上支援訓練

生産性向上人材育成支援センター(生産性センター)では、会員企業の人材育成に取り組む事業主団体を「事業取組団体」として認定し、会員企業に対する生産性向上支援訓練(生産性センターが実施する、企業や事業主団体の従業員の生産性を向上させるための職業訓練)の実施を委託する取組を行っています。

事業取組団体となって生産性訓練を実施する3つのメリット

生産性向上人材育成支援センター(生産性センター)では、労働者の生産性向上を支援するための生 産性向上支援訓練(生産性訓練)を、民間機関等に委託して実施しているところですが、より多くの方 に訓練をご利用いただくため、会員企業の人材育成に取り組む事業主団体を「事業取組団体」として認定し、会員企業に対する生産性訓練の実施を委託する取組を行っています。

①会員企業の人材育成のお手伝いができます

団体自らが会員企業の人材育成ニーズを把握した上で訓練コースを設定するので、会員企業の 人材育成ニーズにマッチした訓練が実施可能です。

②フレキシブルに訓練を計画することができます

訓練の実施場所や訓練日程、担当講師など、会員企業の 要望にあわせて実施することができます。 (最低訓練時間等、一定の制限があります)

③生産性センターが委託費をお支払いします

生産性センターが、業務を実施する委託費として、訓練 時間数と受講者数に応じて別途定める金額を、事業取組団体 にお支払いします。

事業主団体についてはこちら

平成30年度以降に実施する生産性向上支援訓練について

より多くの事業主団体に、会員企業に対する生産性向上支援訓練の実施に取り組んでいただくため、事業取組団体の認定基準等の見直しを行いました。

訓練時間数を6時間から設定可能に

これまでは訓練時間数を「12時間以上、30時間以下」の範囲で設定するこ ととしていましたが、これを「6時間以上、30時間以下」に改めます。

委託費の支払基準の改定

認定基準の見直しのうち、受講者数の要件を緩和したことに合わせて、受講 者数を15人以上確保した場合の委託費を見直します。

オーダーメイドによる生産性向上支援訓練の実施のご案内

(1)人材育成ニーズの把握
担当者が企業等を訪問して人材育成に関する課題や方策等を整理します。
(2)訓練コースのコーディネート
生産性センターと民間機関等(実施機関)が連携して、訓練コースをコーディネートします。
(3)受講手続
訓練の受講申込や、受講料の支払い等の所定の手続きを行います。
(4)訓練実施
民間機関等(実施機関)が訓練を実施します。

委託費支払

◎委託費を決定し、業務委託契約を締結します。

◎訓練計画に基づき、訓練を実施してください。

◎訓練終了後、提出された請求書等に基づき、生産性センターが委託費をお支払いします。
※業務を実施する委託費として、訓練時間数と受講者数に応じて、別途定める金額をお支払いします。

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F

まだ会員ではない方はこちらから

※助成金・補助金を計画的に受給いただくためのサポートをおこなっております。

受給コンサルティング 月額9,800円[税別] ですべてご利用できます!

1.助成金・補助金の受給診断 (無制限)
2.助成金・補助金に関する受給提案 (毎月)・情報配信 (毎週)
3.人材開発支援・キャリアアップ助成金の自社申請サポート
4.会員専用ページによる進捗共有と計画受給の実現
5.助成金専門の社会保険労務士を会員特別価格でご紹介 ※着手時5万円+成功報酬15%
6.コンサル会員様限定の「会員特典」の利用

「お申し込み」「受給に関する事前相談」ご希望の方はこちら!

事業者様名 (必須)

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 受給コンサルティングを申し込む

 無料相談を申し込む

ご相談・ご質問があれば入力してください