【全国】平成29年度補正予算|商店街等のインバウンドの活性化に地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)第3次募集をご検討ください。

◼︎経済産業省:平成29年度補正予算|地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)第3次募集

本事業は、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等、地域文化資源と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を支援する事業です。

地域文化資源活用空間創出事業(商店街支援事業)とは?

インバウンドが加速する中で、2020年オリンピック・パラリンピックの開催、2025年大阪万博の誘致を見据えて、クールジャパンを自走させるため、クールジャパン政策の3つのステップ((1)日本ブーム創出、(2)海外で販売、(3)日本国内で消費)を実現していくことが重要と考えられ、3つのステップのうちの(3)のステージを実現するため、文化イベントを契機とした地域の活性化、名所・観光地・食文化等、地域文化資源と連携した空間創出によって、にぎわいを創出し、外国人観光客等を増加させるとともに、これらと連携した商店街の活性化を支援する事業です。

第3次募集においては、台風19~21号等の、平成30年8月20日から9月5日までの間の暴風雨及び豪雨による災害によって被害を受けた山形県、福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県に所在する商店街を優先して採択されるようです。

補助対象

地域文化資源活用交流促進事業

我が国の文化を代表する歴史的建造物(城、街並み、神社、寺院、庭園等)や、名所・観光地・食文化等の地域文化資源を活用し、外国人観光客等に地域での消費を促すためのイベント事業が対象となるようです。

※第3次募集においては、地域文化資源活用交流促進事業のみを募集なるようです。(地域文化資源活用空間整備事業については募集しません。)

補助率・補助額

1/2以内

1つの事業におけるイベントの実施回数によって決定します。

イベント実施回数 上限額 下限額
実施回数1回の場合 100万円 25万円
実施回数2回の場合 150万円 50万円
実施回数3回の場合 225万円 75万円
実施回数4回以上の場合 300万円 100万円

補助対象者

1.商店街組織

2.商店街組織と民間事業者の連携体

募集期間

平成30年11月2日(金曜日)~平成30年12月14日(金曜日)(各地域を管轄する経済産業局宛て 当日消印有効)

※早急に事業実施を予定されている方のため、11月22日(木曜日)までに要望書をご提出の方については、先行して審査・採択が行われます。