【全国】令和2年度 両立支援助成金|(介護離職防止支援コース)に新型コロナウイルス感染症対応特例が創設されました!

■厚生労働省:両立支援助成金 介護離職防止支援コース(新型コロナウイルス対策特例)

*令和2年6月15日より受付開始
新型コロナウイルス感染症への対応として、介護のための有給の休暇制度を設け、 ご家族の介護を行う労働者が休みやすい環境を整備した中小企業事業主に対する助成金になります。

令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に取得した休暇が対象になります。

助成金の概要

① 新型コロナウイルス感染症への対応として利用できる介護のための有給の休暇 制度(※)を設け、当該制度を含めて仕事と介護の両立支援制度の内容を社内に周 知すること。

※所定労働日の20日以上取得できる制度
※法定の介護休業、介護休暇、年次有給休暇とは別の休暇制度であることが必要です。

② 新型コロナウイルス感染症の影響により対象家族の介護のために仕事を休まざ るを得ない労働者が、①の休暇を合計5日以上取得(※)すること。

※過去に年次有給休暇や欠勤により休んだ日について、事後的に①の休暇を取得したこととして振り替え た場合も対象となります。(振り替える際には労働者本人に説明し、同意が得ることが必要です。)

対象となる労働者

①介護が必要な家族が通常利用している又は利用しようとしている介護サービスが、 新型コロナウイルス感染症による休業等により利用できなくなった場合

②家族が通常利用している又は利用しようとしている介護サービスについて、新型コ ロナウイルス感染症への対応のため利用を控える場合

③家族を通常介護している者が、新型コロナウイルス感染症の影響により家族を介護 することができなくなった場合

助成額

休暇の取得日数 助成額
合計 5日以上 10日未満 20万円
合計 10日以上 35万円
  • 労働者1人当たり 取得した休暇日数が合計5日以上10日未満 20万円
  • 取得した休暇日数が合計10日以上 35万円
    ※1企業当たり5人分まで支給

対象となる期間

令和2年4月1日〜令和3年3月31日までの間に取得した休暇が対象

支給期限

支給要件を満たした翌日から起算して2か月以内

*令和2年6月15日より受付開始

なお、令和2年6月15日より前に支給要件を満たしていた場合は、8月15日が申請期限となります。

新型コロナウイルス感染症対応特例 の Q&A

リーフレットはこちら


対象労働者について「介護支援プラン」を策定し支援した場合は、通常の介護離職防止支援 コースも併給できます。

通常の介護離職防止支援コースはこちら

2020年度 両立支援助成金リーフレット

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F

まだ会員ではない方はこちらから

※助成金・補助金を計画的に受給いただくためのサポートをおこなっております。

受給コンサルティング 月額9,800円[税別] ですべてご利用できます!

1.助成金・補助金の受給診断 (無制限)
2.助成金・補助金に関する受給提案 (毎月)・情報配信 (毎週)
3.助成金を自社申請される際のサポート
4.会員専用ページによる進捗共有と計画受給の実現
5.助成金専門の社会保険労務士を会員特別価格でご紹介 ※着手時5万円+成功報酬15%
6.コンサル会員様限定の「会員特典」の利用

「お申し込み」「受給に関する事前相談」ご希望の方はこちら!

事業者様名 (必須)

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 受給コンサルティングを申し込む

 無料相談を申し込む

ご相談・ご質問があれば入力してください

プライバシーポリシーに同意する