【全国】「キャリアアップ助成金」はもっとも多く受給されている助成金です。1事業所あたり年間500万円まで受給可

■厚生労働省:キャリアアップ助成金

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。


キャリアアップ助成金のご案内 ←詳細クリック


(1)正社員化コース

有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成します。

①有期→正規:1人当たり60万円(45万円)

②有期→無期:1人当たり30万円(22.5万円)

③無期→正規:1人当たり30万円(22.5万円)

④有期→多様な正社員(勤務地・職務限定、短時間正社員) :1人当たり40万円(30万円)

⑤無期→多様な正社員:1人当たり10万円(7.5万円)

⑥多様な正社員→正規:1人当たり20万円(15万円)

(2)人材育成コース

有期契約労働者等に対する職業訓練を助成します。

■Off-JT《1人当たり》 賃⾦助成:1時間当たり800円(500円)

※経費助成: 一般職業訓練、有期実習型訓練 :最大30万円 (20万円)/中⻑期的キャリア形成訓練(有期実習型訓練後に正規雇⽤等に転換された 場合):最大50万円 (30万円)実費を限度

■OJT《1人当たり》 実施助成:1時間当たり800円(700円)

(3)処遇改善コース

有期契約労働者等の賃金規定等の改定、健康診断制度の導入、賃金規定等の共通化、週所定労働時間を延長し、社会保険加入ができるようにすることを助成します。

➀賃⾦規定等改定 ・全ての賃⾦規定等を2%以上増額改定: 対象労働者数が、 1〜3⼈:10万円(7.5万円) 4〜6⼈:20万円(15万円) 7〜10人:30万円(20万円)11〜100人:3万円(2万円)×人数 ・雇⽤形態別、職種別等の賃⾦規定等を2%以上増額改定: 対象労働者数が、 1〜3⼈:5万円(3.5万円) 4〜6⼈:10万円(7.5万円) 7〜10人:15万円(10万円)11〜100人:1.5万円(1万円)×人数

※中小企業において3%以上増額した場合、 ・全ての賃⾦規定等改定:1⼈当たり14,250円<18,000円>加算 ・雇⽤形態別、職種別等の賃⾦規定等改定:1⼈当たり7,600円<9,600円>加算 <>は生産性の向上が認められる場合の額 ※「職務評価」の手法の活用により実施した場合、1事業所当たり20万円(15万円)加算

②共通処遇推進制度 ・法定外の健康診断制度を新たに規定し4⼈以上実施:1事業所当たり40万円(30万円) ・共通の賃⾦規定等の導⼊・適⽤:1事業所当たり60万円(45万円)

③短時間労働者の労働時間延⻑ ・短時間労働者の週所定労働時間を5時間以上延⻑し、新たに社会保険に適⽤した場合: 1人当たり20万円(15万円)

・上記「①賃⾦規定等改定」と併せて労働者の⼿取り収⼊が減少しないように週所定労働 時間を延⻑し、新たに社会保険に適⽤した場合: 1時間以上2時間未満:4万円(3万円) 2時間以上3時間未満:8万円(6万円) 3時間以上4時間未満:12万円(9万円) 4時間以上5時間未満:16万円(12万円)

 


キャリアアップ助成金のご案内 ←詳細クリック