「ホラクラシー型組織」について考える。

新しい経営スタイルとして「ホラクラシー」という言葉を目にする機会が増えてきた。上司・部下の関係が一切存在しない組織の管理体制のことであるが、上下関係・指示命令系統があるヒエラルキー型組織との違いについて考えてみた。

 

目次

ホラクラシー型組織とは?

ホラクラシー型組織とは、社内に役職や階級が存在しないフラットな組織のことをいいます。
大きな特徴は、社員が対等な立場で、全員で意思決定をしていく非階層型の経営スタイルです。意思決定が早い・社員の主体性が向上する・効率的な組織運営が可能などの特徴があります。

ホラクラシー経営の始まりは、アメリカの起業家ブライアン・ロバートソン氏が、2007年に提唱したことに由来します。このホラクラシーという概念は、アメリカのEC企業であるザッポス社が導入したことで有名になります。

意思決定の権限が個々に分散し、上下でなく横の連携で成り立つ自立的・自走的な組織であり、ホラクラシー型組織で重要なのは、部長や課長といった肩書ではなく「役割」ということです。

ホラクラシー型組織の特徴

企業は、外部から人・金・物・情報といった資源を調達し、それらを内部で製品やサービスに変換して外部に提供することで、利益を生み出し、ビジネスを推進します。これらを効果的・効率的に行うためには、個人の力だけでなく、総合力も必要となるため、企業は組織をつくり管理する中で人の部分を管理するシステムが「社員管理」です。

1. 人を管理しない柔軟な組織である:ホラクラシーには部長・課長のような管理職といった肩書はありません。あったとしても管理するということではなく、メンバー間の調整役、世話役のような仕事です。ヒエラルキーのようなピラミッド型の組織構造ではなく、フラットな立場で横同士繋がるような円型組織構造のイメージです。

2. 効率的に組織運営できる:上司からの指示を待つことなく、実行していくべき業務にフォーカスして役割分担します。メンバーは個々が自らの責任として問題解決にあたり不要な指示は仰がないため迅速に意思決定できます。チームメンバーそれぞれの発想が速やかに企業活動に反映され、生産性向上も期待されます。

3. 役割が明確化されている:役割で仕事の割り振りはせず、業務を役割ごとに分け、それぞれを担当するメンバーが自主的に意思決定を行い、その業務を集約することでプロジェクトの集大成となる仕組みです。

4. 個々の主体性を強化できる:ホラクラシー型組織の大きな特徴は「主体性の強化」に力を入れることです。個々の主体性を強化することで組織全体の底上げを図り、企業活動を効率化・活性化させるための重要ポイントです。

ホラクラシー型組織の説明を聞いても「実現は不可能」「うまくいくのか」と思われる方がほとんどかもしれません。確かにまだまだ発展途上の段階ですが、実際にホラクラシー型組織にして業績を上げている企業があるのも事実です。

上司・部下の関係が一切存在しない組織の管理体制「ホラクラシー型組織」について概要をお伝えしたが、メリット・デメリット、ホラクラシー型組織にするためには何が必要かについても見ていきます。

ホラクラシー型組織のメリットとデメリット

【メリット】
組織の中に上下関係がなくなるため、上に立つ管理者のマネジメントスキルのばらつきも心配する必要がなくなり、上下関係の中で生じる不満・軋轢などもなくなります。マネジメントに対する負担過多やストレスを感じる人もいなくなるでしょう。
社員やチームに意思決定の権限が与えられ、個々の主体性も強化されます。業務にフォーカスして役割分担が行われ、個々の役割が明確になるのが特徴で、この明確さが業務効率と生産性を上げていくと言われています。

【デメリット】
ホラクラシーの最大のメリットは「プロジェクトに関して管理・監督をする人物がいない」という点です。これは時にはデメリットとも捉えられます。
つまり、トラブルに直面した時には管理者が不在ゆえ、個々が負担とストレスを抱えることになります。
また管理者がいないことで、社員の行動の把握が困難になったり、機密情報漏洩の可能性などが高まるということもあるでしょう。

ホラクラシー型組織にするためには?

メリット、デメリット双方が混在するホラクラシー型組織ですが、ではどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

1. チームなど小さな単位から制度導入する:いきなり全社的に導入した場合、旧態依然とした日本的組織運営が浸透している企業ほどトラブルが続出する可能性が高まります。
ホラクラシー的思考を全員が理解したうえで実践できるように、最初は部署・チーム、プロジェクト毎といった小さな単位から導入し、ある程度の検証を進めたうえで拡げていくことが得策です。

2. セルフマネジメント能力のある社員で構成する:組織のメンバー一人一人が意思決定を行うため、セルフマネジメントができるメンバーでチームを構成することが最低条件となります。

3. 情報共有の時間をつくる:社員同士がコミュニケーションを取れる機会を増やす、チームとしての仕事の進捗を管理する、定期的にミーティングを開催するなど、「情報共有の事件を作る」ようにすればそのデメリットが軽減できます。

4. 責任・功績の所在を明確にする:責任までを明確にしたうえで役割分担をすること、そして功績においては組織やチーム内でオープンにすることも必要です。

今注目を集めているホラクラシー経営にヒントを得て、自社の経営を見直してみる機会にしてみてはいかがでしょうか。

<広告>

人事や助成金・コンサルティングに関する記事を

コンサルタントチームがコラムにしています。

お楽しみに!

■お問合せ先|株式会社セイシン総研 TEL:092-717-5260
住所:福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル5F